しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第61回オープンソースサロン・総会記念講演

第61回オープンソースサロンを開催します。

今回はしまねOSS協議会年次総会記念講演です。
事前の申し込みは必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。ご来場をお待ちしております。

日時: 2011年7月29日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

プログラム

講 師 株式会社IIJイノベーションインスティテュート技術研究所 主幹研究員 山本和彦氏
テーマ Ruby の聖地で Haskell を語る
内 容 「オブジェクト指向」と同様に「関数型言語」は、誤解の多い概念です。
Haskell は純粋関数型言語ですが、その本質を理解している人はあまり多くありません。
この講演では、まずオブジェクト指向と対比させながら、関数型言語のパラダイムを説明します。
そして、HaskellやOCamlの本当の長所である「極めて強い静的な型付けシステム」について紹介します。
型とは設計図であり、テストのための仕様であり、簡易のドキュメントであり、そして保守性を向上させる役割を果たすことが分かるでしょう。
型を考えることがプログラミングだという世界を垣間みて下さい。