しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第66回オープンソースサロン

第66回オープンソースサロンを開催します。

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。
ご来場をお待ちしております。

日時: 2012年4月13日(金) 17時00分~19時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ1 「Rubyとビジネス」 Rubyによる地域振興 松江市/塩尻市モデルの事例紹介!!
講演者 佐藤弘人氏(株式会社コミュニティ・クリエイション  代表取締役社長)
概要 自治体におけるコスト削減、地域振興は急務の課題となっています。
Rubyを活用し、自治体と地元企業、そして市民とが連携を深めながら如何に雇用を生み地域振興に
結びつけているのか?松江市図書館システム・塩尻市ひとり親事業の取組事例をご紹介いたします
テーマ2 Empowering e-Learning through Open Source Software
講演者 Dr. K. P. Hewagamage氏(島根大学総合理工学部)
概要 During last few years, e-Learning is becoming a popular alternative to enhance ICT based
education in both higher education and secondary education. Open source community has played a
significant role in this paradigm shift in education by facilitating relevant institutes.
Learning Management System (LMS) is the software platform that provides the foundation to develop
e-Learning infrastructure. Proprietary software solutions tried influenced education institutes
few years ago by introducing unacceptable closed as well as unsustainable solutions.
Open source learning management systems changed this trend by introducing low cost solutions
with the freedom to growth. As a result, a majority of educational institutes in the world
uses open source learning management systems. Today, Moodle (www.moodle.org) is the most
popular open source software solution among those academic institutes.