しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第74回オープンソースサロン

第74回オープンソースサロンを開催します。

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2013年1月25日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ1 オープンソース・ソフトウェア(OSS)活用実態調査アンケート調査結果速報
講演者 野田 哲夫氏(島根大学)
概 要 2012年10月から12月にかけて日本の情報サービス企業に対して行った
「オープンソース・ソフトウェア(OSS)活用実態調査アンケート」
の調査結果を基に、日本のIT企業におけるOSSの活用と開発への貢献度と、
これが企業の収益~成長へ与える影響について考察します。
テーマ2 Rubyで広がる復興支援の輪 岩手県大槌町の取組
講演者 北田 竹美氏
(楽天フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 技術部情報システムグループ担当課長)
概 要 東日本大震災で被災した岩手県大槌町で、津波で消失した町のホームページが
同町出身のRubyistのボランティアによって復活しました。その後町のホーム
ページはJoruriによって構築、IIJのクラウドサービスによって提供されています。
大槌町は周辺の町村と自治体クラウドの導入を進めると同時に、中高生Ruby教室
も開催するなどIT人材育成に取組んでいます。
今回は大槌町出身のエンジニア・Rubyistの北田竹美さんに、ホームページ復活
の過程と、大槌町の復興支援に向けた連携の可能性についてお話いただきます。