しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第78回オープンソースサロン・総会記念講演

第78回オープンソースサロンを開催します。
今回は、しまねOSS協議会年次総会記念講演となります。

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。
ご来場をお待ちしております。

日時: 2013年8月2日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テ ー マ 「納品のない受託開発」にみる情報サービス産業の未来
〜これからの時代に生き残れるIT企業のビジネスモデル〜
講 演 者 倉貫義人氏(株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長)
プロフィール 1974年京都生まれ。1999年立命館大学大学院を卒業し、TIS(旧 東洋情報システム)に入社。
2003年に同社の基盤技術センターの立ち上げに参画。2005年に社内SNS「SKIP」の開発と
社内展開、その後オープン ソース化を行う。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー
「SonicGarden」を立ち上げる。2011年にTIS株式会社からのMBOを行い、
株式会社ソニックガーデンの創業を行う。モットーは「心はプログラマ、仕事は経営者」。
ブログ:http://kuranuki.sonicgarden.jp/
Twitter: @kuranuki
概   要 ソフトウェア開発における「一括での受託開発」というビジネスモデルは、多くの問題を
産み出してきました。私たちは、そうした問題の原因は「一括での受託開発」という
ビジネスモデルにあると考え、新しいビジネスモデルの構築に挑戦してきました。
そして、ソフトウェア開発の業界での悪しき常識「要件定義をしないと作れない」
「少しずつ発注すると割高になる」などをぶち破り、アジャイル開発による圧倒的な
パフォーマンスを圧倒的な低価格で提供する「納品しない受託開発」に辿り着きました。
本講演では「一括での受託開発」以外の選択肢としてのビジネスモデル
「納品しない受託開発」について、実際の事例をもとに紹介します。