しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第80回オープンソースサロン

第80回オープンソースサロンを開催します。

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2013年10月18日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ mrubyの概要と活用方法
講演者 田中和明氏(九州工業大学 大学院情報工学研究院 機械情報工学研究系 准教授)
プロフィール 知能機械学・機械システム、仮想現実感、データベース・システムを専門に研究に従事。
2010年度、2011年度と経済産業省の「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択された
「軽量Rubyを用いた組込プラットフォームの研究・開発」において、まつもとゆきひろ氏と
共に、家電等の組込ソフトの開発に特化したプログラミング言語「軽量Ruby」と電子基板
「Rubyチップ」を開発し、世界に展開するための研究を行っている。
概 要 mrubyの基本的な仕組みについての説明と、組込みシステムでの利用を想定した機能拡張
の手法について説明します。開発期間を短縮できるメリット、異なるハードウェア機能に
柔軟に対応する仕組みなどを紹介します。
・mrubyの概要
・mrubyの入手と動作確認(実演)
・機能拡張のポイント(一部,実演)