しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

第91回オープンソースサロン

第91回オープンソースサロンを開催します。

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2015年4月17日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ1 米国西海岸視察報告
講演者 島根大学 Ruby・OSSプロジェクトセンター長 野田 哲夫氏
概 要 シリコンバレーではエンジニアがテクノロジーだけでなくマネジメントの教育を
継続して受けられるシステムができています。そしてエンジニアがスタートアップ
するための知識を得ることができます。
今回はOSS教育で有名なCarnegie Mellon UniversityのTony Wasserman先生のお話、
UCSC Silicon Valley Extensionコースの見学を通して気づいたことを報告します。
テーマ2 オープンソースの"震源地"オレゴンの最新状況
講演者 島根大学産学連携センター 准教授 丹生 晃隆氏
概 要 米国西海岸のオレゴン州周辺は、シリコンフォーレストとも呼ばれ、
IT関連産業の集積が進んでいます。近年では、過密化するシリコンバレー
地域からの分散もみられ、豊かな自然・生活環境を有するオレゴン州は
その受け皿の一つにもなっています。州都ポートランド市には、
OSSに関わる企業も集まり、コミュニティ活動も盛んに行われています。
州南部のコーバリス市には、オレゴン州立大学内にOpen Source Labが
設置され、実践型の人材育成や、様々なOSSプロジェクトのホスティング
サービスが行われています。今回、OSSの"震源地(epicenter)"とも
言われるオレゴンの最新状況を報告します。