しまねOSS協議会

RubyWorld Conference 2015

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2016

OSC2015-Shimane_banner

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

しまねOSS協議会のご案内

しまねOSS協議会は、島根県内におけるOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)に関わる企業、技術者、研究者、そしてユーザによる組織です。設立趣旨書 (PDF)に基づき発起人 (PDF)によって2006年7月24日に結成が呼びかけられました。2006年9月3日に規約 (PDF)に基づいて「松江オープンソースラボ」において設立総会を開催し、正式に発足をいたしました。

しまねOSS協議会は、松江市の進めるRuby City MATSUEプロジェクトに積極的に参加し、2006年7月31日にオープンした「松江オープンソースラボ」を活用、OSSを通じた技術力・開発力の向上を目指しています。

当会にご興味をお持ちの方、ご参加を希望される方、下記連絡先までご連絡頂きますよう、よろしくお願いいたします。

主催・共催行事・お知らせ 

第101回オープンソースサロン

第101回オープンソースサロンを開催します。 

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2016年3月3日(木) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ Rails Girls Matsue 2nd 開催報告
講演者 松岡 香里 氏(Rails Girls Matsue 2nd コーチ)ほか

第102回オープンソースサロン

第102回オープンソースサロンを開催します。 

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2016年3月9日(水) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ 情報サービス産業の集積-Rubyの可能性
講演者 谷花 圭介 助教(大阪経済法科大学経済学部)
概 要 バブル経済後の我が国経済においては、 他産業の停滞を尻目に情報産業は成長を続けている。
そのため、情報産業は地域経済発展の起爆剤としての役割を期待されているが、
極度な東京圏集中が現実である。
そもそも、情報産業の集積の背景にはいかなる要因があるのか?
島根県、中国地方はRubyを産業振興の軸に据え、 情報産業の集積を図ろうとしているが、
それは有効に作用しているのか?その可能性を探り、地域経済振興策に対する判断材料を提供する。

入会のご案内

しまねOSS協議会への入会をご検討の方は、こちらから入会申込書をダウンロードしてご記入の上、事務局までお送り下さい。

入会申込書(PDF形式)
入会申込書(OpenOffice.org形式)
入会申込書(Excel形式)