しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

OSC2018-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2018

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

しまねOSS協議会のご案内

しまねOSS協議会は、島根県内におけるOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)に関わる企業、技術者、研究者、そしてユーザによる組織です。設立趣旨書 (PDF)に基づき発起人 (PDF)によって2006年7月24日に結成が呼びかけられました。2006年9月3日に規約 (PDF)に基づいて「松江オープンソースラボ」において設立総会を開催し、正式に発足をいたしました。

しまねOSS協議会は、松江市の進めるRuby City MATSUEプロジェクトに積極的に参加し、2006年7月31日にオープンした「松江オープンソースラボ」を活用、OSSを通じた技術力・開発力の向上を目指しています。

当会にご興味をお持ちの方、ご参加を希望される方、下記連絡先までご連絡頂きますよう、よろしくお願いいたします。

主催・共催行事・お知らせ 

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019のお知らせ

しまねOSS協議会と松江市は、プログラミング言語Rubyに代表されるオープンソースに関する
広報、啓発活動並びにオープンソースに対する理解を高めるため、
「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019」
を実施いたします。2009年から毎年開催しており、2019年で第11回目の開催となります。

また、2019年2月23日(土)に行われる最終審査会では、2017年ビジネス活用部門最優秀賞受賞者の
灰示花火カタリスト 中田 光俊 氏の特別講演を行います。

応募方法等の詳細は以下のページをご覧ください。

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2019

入会のご案内

しまねOSS協議会への入会をご検討の方は、こちらから入会申込書をダウンロードしてご記入の上、事務局までお送り下さい。

入会申込書(PDF形式)
入会申込書(OpenOffice.org形式)
入会申込書(Excel形式)