しまねOSS協議会

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2018

OSC2017-Shimane_banner

RubyWorld Conference 2017

Content

Download

Media

Link

しまねスタイル

松江オープンソースラボ

しまねOSS協議会のご案内

しまねOSS協議会は、島根県内におけるOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)に関わる企業、技術者、研究者、そしてユーザによる組織です。設立趣旨書 (PDF)に基づき発起人 (PDF)によって2006年7月24日に結成が呼びかけられました。2006年9月3日に規約 (PDF)に基づいて「松江オープンソースラボ」において設立総会を開催し、正式に発足をいたしました。

しまねOSS協議会は、松江市の進めるRuby City MATSUEプロジェクトに積極的に参加し、2006年7月31日にオープンした「松江オープンソースラボ」を活用、OSSを通じた技術力・開発力の向上を目指しています。

当会にご興味をお持ちの方、ご参加を希望される方、下記連絡先までご連絡頂きますよう、よろしくお願いいたします。

主催・共催行事・お知らせ 

第120回オープンソースサロン

第120回オープンソースサロンを開催します。 

オープンソースサロンは参加費無料です。会員以外の方でもご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありません。当日会場まで御気軽にお越しください。

サロンの後に懇親会を行います。懇親会に参加をご希望の方は、以下のサイト
またはメールでお申し込みください。

ご来場をお待ちしております。

日時: 2018年4月13日(金) 18時30分~20時00分
会場: 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

テーマ1 「新しい産業集積に関する議論」から見た Ruby City MATSUE プロジェクト
発表者 島根大学 人文社会科学研究科 田中 哲也 氏
概 要 島根県松江市はRubyを産業振興の軸に据え情報産業の集積を進めている。
プロジェクトの11年間を「social capital」「embeddedness」アプローチに
着目し考察しましたので報告します。それは有効に作用したのか?その可能性を
探り新しい産業集積に対する未来像を提供する。
資料: 第120回オープンソースサロン報告資料(田中氏)
テーマ2 パソナテック「島根Lab」について
発表者 株式会社パソナテック WEBソリューション事業部 島根Lab 田窪 大樹 氏
概 要 創業40年を超える東証一部上場・総合人材サービス会社パソナグループの一員
としてIT領域に特化してHRサービスを展開してきた株式会社パソナテックが、
2017年9月1日に松江市朝日町に「島根Lab」を開設いたしました。エンジニアの
採用・育成による雇用拡大、また産学連携を通じて島根県および松江市の
産業振興を図ることを目的とした”新しい形”の開発拠点です。
島根の皆様へのご挨拶も兼ねて、開設してからこれまで半年間の取り組み
について、また、今後の展望についてご紹介いたします。

入会のご案内

しまねOSS協議会への入会をご検討の方は、こちらから入会申込書をダウンロードしてご記入の上、事務局までお送り下さい。

入会申込書(PDF形式)
入会申込書(OpenOffice.org形式)
入会申込書(Excel形式)