松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2015

Matsue Open Source Business Plan Contest 2015

キタ! IIJ 特別賞!

Ruby on Railsアプリケーションの開発支援環境と実行環境を提供するサービス「MOGOK」でも注目の、株式会社インターネットイニシアティブ様からの特別協賛が決定しました!
詳細は、最終審査会の当日に発表!

楽天 特別賞もキタ!

目に優しく明るい太陽の下でも、真っ暗な夜空の下でも快適に読めるe-inkが魅力の電子ブック「kobo glo」、HDの「kobo aura」、そして水の中でも読める完全防水の「kobo aura H2O」 が話題の楽天株式会社様からも特別協賛が決定しました!
同じく詳細は、最終審査会の当日に発表!

コンセプト

松江市では、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」を松江のオンリーワンの資源として、産官学が一体となって「Ruby City MATSUE プロジェクト」を推進しているところである。このプロジェクトの一環として、オープンソースによる地域振興の中心を担う「しまねOSS協議会」と松江市は、第7回目となる「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」を開催する。

本コンテストは、IT業界にとどまらず幅広い分野の人達にオープンソースの情報を広く提供し、オープンソースを活用するプランをアイディアから形とすることで、オープンソースを活用した新しいビジネスプランを事業化・起業化へ繋げることを目的とする。

本コンテストを通じ、RubyそしてOSSの活用のメッカとして松江のプレゼンスが上がり、応募プラン・受賞プランと企業等とのマッチングの機会となることで、本コンテストでの人的ネットワーク等が活かされ、具体的なビジネス化へ向けた動きとなることに期待する。